So-net無料ブログ作成

♪    京料理 かじ    ♪ [京都]




今日は朝から、空模様を気にしながらもお弁当を作り

葡萄狩りに出かけてきました


その様子は、後日・・・♪







下賀茂神社を出て夕飯を食べるところを探して


車を走らせていると「京料理」の文字が目に留まり


予約をしていませんでしたが、ダメもとでお店に伺うとOKが・・・


①IMG_3729.jpg


車にカメラを忘れたので、iPhoneで撮りました



IMG_3711.jpg


京料理 かじ


料理対決番組に出た経歴を持つ店主が


2001年に開店した日本料理店です


IMG_3712.jpg


他のお客様がいたのでお料理だけしかとっていませんが


平等院を創建した藤原頼通の邸宅「高陽院」跡にあり

敷地内の井戸から湧き出る、京都三名水の一つ「染井」と


水脈が同じである銘水を使った料理を提供しています



IMG_3713.jpg





IMG_3715.jpg





IMG_3716.jpg




IMG_3725.jpg




IMG_3727.jpg


母娘二人は、色々とお箸を進めながらも会話も楽しみます


爺、一人会話に参加しないで


(参加できない?会話についてこれない?)


取り敢えず、よく似た顔の二人が楽しそうに話をしているのが


嬉しいのでしょうか・・・?

それともばからしいのでしょうか・・・?


iPhoneで釣り情報を見ていました(^^♪




IMG_3728.jpg



nice!(170) 

♪  京都 下賀茂神社 糺の森の光の祭り ④   ♪ [京都]





下賀茂神社、正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじ)


鴨川と高野川に挟まれた地にあり、京都で最も古い神社の一つとして


古来より人々の信仰を集めてきました


古代の姿を今に伝える「糺の森」に囲まれた境内は、12万4千平方メートルにも及び


平成6年に境内全域が世界文化遺産としてユネスコに登録されました





闇の空間にただよう光の球体は変化し音色を響かせ


次に続く光の物体へと連続して広がっていきます


P1970552.JPG




P1970554.JPG





P1970564.JPG




P1970566.JPG




P1970570.JPG




P1970574.JPG





P1970575.JPG





P1970577.JPG




P1970579.JPG





P1970580.JPG





P1970581.JPG





P1970582.JPG





P1970583.JPG






P1970585.JPG





P1970588.JPG


下賀茂神社の森や境内に繰り広げられた光の祭り


光の変化や不思議な音色


闇に包まれた神聖な神社の背景がより一層の神秘性をかもしだし

なにか、異次元の世界に足を踏み入れたような、そんな不思議な感覚すら覚えました











nice!(125) 

♪   京都 下賀茂神社 糺の森の光の祭り ③ [京都]





17日の朝、駐車場から爺の車が消えていました


そう、車の盗難にあったのです


車の盗難って耳にしたことはありますが


まさか・・・


家の横の駐車場にとめてあったのに・・・


 

多分、リレーアタックとかいう手口だと思われます


スマートキーを保管するときはお菓子の缶に入れるとよいと聞いていたので


我が家はお菓子の缶が鍵の保管場所にしていました


が、爺の車の鍵は3つ、そのうちの一つはカードキー


そのカードキーは缶に入れていなかったのです( ;∀;)




先程、保管用と持ち歩きようの電波遮断ケースをネットで注文しました


私の車も「盗難にあいやすい車ランキング」の4位に入っているらしいので( ;∀;)














さて、京都 下賀茂神社の続きです


今回はショックと腹立たしさの為


写真のみになります


ご勘弁下さいね

P1970490.JPG





P1970491.JPG





P1970492.JPG





P1970496.JPG





P1970498.JPG




P1970502.JPG





P1970504.JPG





P1970505.JPG






P1970509.JPG





P1970512.JPG





P1970513.JPG





P1970514.JPG





P1970515.JPG





P1970516.JPG





P1970517.JPG





P1970518.JPG





P1970524.JPG





P1970529.JPG





P1970530.JPG





P1970537.JPG





P1970538.JPG





P1970542.JPG





P1970544.JPG





P1970548.JPG

nice!(151) 

♪   京都 下賀茂神社 糺の森の光の祭り ②  ♪ [京都]



9月は2週続けて3連休があります


今日、1回目の3連休も終わり、4日頑張れば次の3連休が待っています


やはり連休って嬉しいです








さて、京都 下賀茂神社の続きです


①.JPG


6時30分になり入場できました


入場して、当日のチケット売り場を見ると長蛇の列ができています


やはり前売りチケットを買っておいて正解でした

③P1970451.JPG


チームラボが取り組んでいる「Digitized Nature」


(自然が自然のままアートになる)をコンセプト


古都 下賀茂神社にどんな光のアートが繰り広げられるのかとワクワク(^^♪



④P1970454.JPG


糺の森の中を流れる長い泉川沿いに、匿名で多様な肖像群が歩き続ける


「Walk Walk Walk - 下賀茂神社 糺の森の」

 


⑤P1970455.JPG


糺の森に流れる泉川沿いに200メートル以上に渡ってスクリーンを設置


兎やカエル、人間など、多様な肖像群が歩き続けています



⑥P1970457.JPG


まるで絵巻物を見ているような


それでいて、歩いている歩調に合わせて映し出されるものと


同じように進んでいるような、不思議な感覚になりました


⑦P1970465.JPG




⑧P1970453.JPG


森の中の木々、いろんな色に変化します


スクリーンとの調和がなんとも幻想的な雰囲気を引き立てています


神社の森の中こその演出効果が功をなしている





⑨P1970458.JPG





⑩P1970459.JPG





⑪P1970466.JPG



さて、いよいよ球体が登場してきました(^^♪


入場前には白い卵みたいな?と思われた球体が


森の中の闇に妖しげな光を放ち始めてきました



⑫P1970447.JPG





⑬P1970474.JPG




⑮P1970469.JPG


入場したとたんに、爺は一人、とっとと、とっとと


先を急ぎます(半分小走り状態)


何をそんなに急いでるんやろ?


かなわんわ!


ゆっくり写真を撮りながら行きたいのに!


つられて速足で・・・写真を撮りながらですが


後を追いました


⑯P1970479.JPG



なんと・・・鳥居のそばにある


「休憩処 さるや」の申餅を買うためでした(~_~;)


この申餅、下賀茂神社の名物で140年ぶりに復元された


縁起の良いお餅だそうです


でも、私はお餅を一つ口に入れ、梅ジュースは一気飲み(^_-)-☆


いつもはこういうお餅は味わってゆっくりと頂くのですが


目の前には素敵な光景が・・・


続きます・・・♪

nice!(156) 

♪    京都 下賀茂神社 糺の森の光の祭り ①  ♪ [京都]





チームラボ、京都の世界遺産 下賀茂神社にて今年もアート展


「下賀茂神社 糺の森の光の祭りArt by teamLab-TOKIO インカラミ」


令和元年8月17日から9月2日まで


今年で3回目の開催です


①P1970412.JPG



8月24日

爺と娘っ子と3人で行ってきました



入場は18:30から、家を15時頃に出発、小雨が降っておりました


天気予報では夕方には天気も回復すると出ていましたから


すぐに雨はやむだろうと思っていましたが、途中からどしゃ降り雨に・・・


でも、京都に入る頃から小雨になり、下賀茂神社に着くころには


ほとんど雨はやみました


②P1970415.JPG


↑ 白い卵のようなものが見えますでしょ、今回の主役になりますよ



③P1970414.JPG


まだ、明るい時間帯なので球体は白色ですね


後々、これの色が変化してくるのです



④P1970424.JPG





④P1970432.JPG




⑤P1970419.JPG





⑥P1970423.JPG


御手洗川にも球体がたくさん浮かんでいます


⑦P1970425.JPG




⑧P1970427.JPG




⑨P1970431.JPG




⑩P1970434.JPG




⑪P1970435.JPG




⑫P1970438.JPG




⑬P1970439.JPG




⑭P1970442.JPG


緑のトンネルをくぐると入場口があります


私達は事前にチケットを購入していますから


この入り口で入場時間まで並んで待ちます


約30分前に到着しましたが、この行列です

娘っ子宅のギャングちゃん達も誘ったのですが


暑さと、この待ち時間が嫌だとかで断られました


段々と大きくなると目的地によりついてこなくなりました(-。-)y-゜゜゜





⑮P1970443.JPG



次回に続きます

nice!(149) 

♪   京都  平等院蓮   ♪ [京都]







「古都京都の文化財」の一つとして世界文化遺産に登録されている 平等院

P1810673.JPG


10円硬貨裏のデザインでお馴染みの鳳凰堂


鳳凰堂の屋根の上に据えられている鳳凰は2代目で1万円札には


この鳳凰(南像)が描かれています


ここに来る途中、赤組ちゃん達に10円玉と一万円札を出して説明しました


が、まるっきり興味なし(笑)


P1810678.JPG




「平等院蓮」


阿字池で囲まれている鳳凰堂、平成11年にこの池の発掘調査が行われ


江戸時代後期(今から約200年前)の地層から一粒の蓮の種が出土しました


この種の発芽に成功したのが「平等院蓮」平等院固有の品種だそうです


テレビのニュースで知り、この日、ようやく見ることが出来ました


蓮の花の開花は3日程度、運よく咲いていました


P1810671.JPG





P1810672.JPG





P1810683.JPG


院内の苑路には平等院蓮の他に、約10種類以上の蓮が鉢で飾られています


トンボが蓮の上に止まっていたので慌てて撮りました



P1810686.JPG






P1810688.JPG


百日紅の花も満開


藤の花も咲いていました



P1810692.JPG



あまりの暑さに平等院をゆっくり見ることが出来ません


爺が資料館なら涼しいかも?と提案しましたが


赤組ちゃんから反対の声がかかりました



P1810694.JPG





 


平等院に行くなら「辻利」に行こうと計画していました


目的としていた辻利とは親戚内らしいのですが


ここではありません


でも、あまりの暑さにこれ以上は歩くことはできないので


ここでかき氷を食べました




P1810702.JPG





P1810706.JPG





P1810709.JPG




かき氷で体はいったん冷えましたが、外に出ると灼熱地獄


駐車場まで汗たらたらで歩いていると


年長組さんの赤組ちゃんが、あまりの暑さに・・・


もう、幼稚園もいかへん!


お買い物もいかへん!


って、訳の分からないことを言い出しました(~_~;)


灼熱地獄の暑さの中を歩くのはキツイよね( ;∀;)

 

でも、ここでどうして、幼稚園と買い物が引き合いに出て来るかな~(笑)






*********


今日からお盆休みに入りました


ご先祖様をお迎えしたり、お送りしたりと恒例の行事をこなしたり


子供達も遊びに来る予定です


何かと忙しくなりますので


一週間、ブログの更新はお休みします










nice!(174) 

♪   京都  宇治川    ♪ [京都]



昨日夕方、いつものように買い物に行きました

買い物途中、突然、視覚障害が起きました


視野の左半分に、キラキラと丸く,周囲はギザギザしたものが


次から次へと、残像のような感じで現れては消える


これは変だと思い、慌てて会計を済ませて帰りました


帰ったころには、目の異変も治まっていましたが


大事を取り、安静にしており、ブログの更新は中止しました


ネットで調べると「閃輝暗点」というものらしいです


脳動脈瘤があるので気になります


明日、取り敢えず病院に行く予定です


今日は症状は治まっていましたのでブログを更新(^^♪





 





 



さて、京都の続きです


「宇治川」


滋賀県南西部から京都府南部を流れる川。


琵琶湖から流出する瀬田川を源流とし、大津市南郷で宇治川となり


木津川・桂川と合流し淀川となるまでの部分をいう。


余談ですが、その合流する場所が


毎年、お花見に行く「背割提さくらまつり」が開催されているところなのです


 




P1810651.JPG


ずらりと停泊している船は鵜飼の船なのかな?



P1810654.JPG




P1810655.JPG



宇治川の支流で川遊びを計画していましたが


増水しているので川遊びは中止です


赤組ちゃんがっかり(~_~;)



P1810658.JPG


ウミウ(海鵜)と鵜飼


シベリアなどに生息し、秋から冬にかけて越冬のために飛来する渡り鳥


鵜飼とは、鵜を使い魚を捕る漁法で、日本では1000年以上前から行われています


日本の鵜飼は、茨木県日立市で捕獲されたウミウ(海鵜)が使われています


平成26年に、日本で初めて人工ふ化で1羽のウミウが誕生しました


翌年以降、毎年ヒナが生まれ元気に育っています


宇治で生まれた鵜は「ウッティ」と呼ばれています




P1810660.JPG


鵜の小屋の横でカモがお散歩中です



P1810662.JPG





P1810664.JPG





P1810665.JPG





P1810667.JPG



次の目的地へと移動します


続きます・・・♪

nice!(146) 

♪   京都  正寿院 風鈴まつり ③   ♪ [京都]





 

正寿院の続きです


風鈴の絵付け体験をした後は


道を隔てたところにある「客殿」に移動しました



P1810612.JPG


妹赤組ちゃん、すたすたと先陣をきり進みます



P1810613.JPG


ここにも風鈴が・・・



P1810619.JPG


160枚の絵が天井を埋め尽くす「天井画」


約100名の日本画家の協力によって描かれた


花と日本の風景をテーマにした華やか作品が天井一杯にはめ込まれています


この天井画の下は写真を撮る人でいっぱいです


なかなか思うように撮れません(~_~;)




P1810621.JPG


撮るのを諦め、涼し気なお庭を眺め


一時の涼を・・・(暑いですが)



P1810623.JPG






P1810625.JPG


SNSで「幸せを呼ぶ窓」として注目を浴びる「猪目(いのめ)窓」


猪目とは、ハート形をした日本の伝統的な文様の事です


災いを除き、福を招くとしていにしえより親しまれてきました


猪目窓の特徴は、季節によってハートの中に映る景色が変化する


秋は紅葉の赤、冬は雪の白とその時々によって異なる演出してくれま

夕方には、窓から差し込む夕日が床にハートの影を映し出しだし


この瞬間は「幸せのおかげ」と呼ばれるシャッターチャンスだそうですよ


私達は夕方まで待てないので、ここでお暇します

 

P1810642.JPG


駐車場から見える宇治の「茶畑」


ここに来る途中、ところどころで見ることが出来ました



P1810737.JPG





P1810743.JPG


月に3日だけもらえる縁起の良い結び紐


毎月8のつく日には「叶紐(かのうひも)がもらえます


叶紐は、表が「口」裏が「十」に結ばれており


合わせると「叶」という文字になることから


願いが叶う縁起物として親しまれてきました


ちょうど28日に訪れたので「叶紐」が頂くことが出来ました






nice!(171) 

♪   京都 正寿院 風鈴まつり ②   ♪ [京都]




仕事がお休みだったので


朝から、鉢植えの植え替えやら草引きをしました


約2時間ほどだったのですが汗だくになり


ちょっとは痩せたかな!って体重計に乗りましたが減ってはいませんでした( ;∀;)




さて、風鈴まつりの続きです


本堂にて、冷たいお茶とお菓子を頂きました


さすが、日本の緑茶発祥の地である宇治、お茶が美味しい


お茶を頂き、拝観、ちびっこギャングちゃん達と手を合わせるとこも


忘れてはいけません



①P1810589.JPG



風鈴まつり、もう一つのお楽しみ


風鈴絵付け体験に挑戦です


先客の親子も絵付けに挑戦しています



③P1810546.JPG


どんな絵を描こうかしらん


朝顔も好き・金魚もいいかな(^^♪


絵心もないくせにお手本になる絵柄を探します


P1810542.JPG



風鈴の原型は、お寺に吊るされている「風鐸(ふうたく)」という


青銅製の鈴でカランカランと鈍い音がします


これは、厄除け・魔除けの意でつけられており


この音が聞こえる範囲は聖域であることを表し、災いが起こらないと


考えられています


この「風鐸」が風鈴となり、もともと備わっている厄除けのと共に


チリンチリンと涼しい音を奏で、暑い夏を払う、日本の夏の風物詩となったわけです





P1810554.JPG


箱に入った風鈴が配られると


赤組ちゃん達も何を描こうか?


何色を使おうか?


って、真剣な表情に(^^♪



P1810555.JPG






P1810556.JPG


もうすぐ4歳になる赤組ちゃんも汗を流しながらも真剣です

何色と何色を混ぜると何色になる?


P1810557.JPG





P1810560.JPG


4月にはピカピカの一年生になる赤組ちゃん


ばぁば、シールを貼ってもいい?


シールも用意されています


次は、ハートを描くねん(^^♪



P1810562.JPG


私も汗をふきふき、絵を描いては、写真を撮る(^_-)-☆



P1810565.JPG


女子4人の力作はそれぞれお持ち帰りしました


あっ!綺麗な絵柄を描いていた、ママの風鈴の写真を撮り忘れたわ(~_~;)


P1810597.JPG




P1810762.JPG


何を描いたかは見る人の判断となる、私の力作です(笑)


お手本とはかけ離れてしまいましたわ(~_~;)



続きます・・・♪



nice!(141) 

♪    京都 正寿院 風鈴まつり ①   ♪ [京都]





暑中お見舞い申し上げます


全国的に暑い日が続いています


47都道府県で高温注意報が発表されています


そういえば、昨年も猛暑で「命に危険を及ぼす暑さ」


って注意を呼び掛けていましたよね


わたし、日傘をさして歩くのは嫌いなのですが


好き嫌いを云ってる場合ではありません


昼間、出歩くときは日傘をさしています


あっ! 休日、カメラを持って出かけたときは帽子を被ってます(^^♪




そんな暑い最中


夏の風物詩の一つとして浮かんでくるのは「風鈴」


一時の涼を求めて


7月28日 「風鈴まつり」に行ってきました



①1P1810644.JPG


正寿院 


境内に2,000個の風鈴が吊られ、涼を感じる「風鈴まつり」が


毎年7月1日から9月18日まで行われていることから


風鈴のお寺とも云われています




②P1810601.JPG


800年の歴史を持つ古刹です


拝観受付で拝観料を納め、先ずは風鈴まつりを楽しみます


P1810569.JPG


家を出たのは8時過ぎ、途中一度休憩をはさみ、到着は10時を少し回った頃


もう、たくさんの人が撮影中(^^♪




P1810571.JPG


山間部に位置する宇治田原町


事前調べでは、車の運転に自信のない方は公共の乗り物でお越しください!


なるほど、くねくねっとした細い山道を登ったところにありました


(我が家は次男の運転で行きました)


山の中、風鈴が吹く風に揺られながら鳴らす音色


う~~~ん、なんと風流なこと♪



P1810583.JPG






P1810591.JPG






P1810593.JPG






P1810599.JPG



続きます・・・♪

nice!(141)